FC2ブログ
2012/09/26

学び 感じ 与え 受け取る

「年がいってるからね~
 次の子を迎えるの考えたんだけどね」

と言ったのは
お散歩で時々会う60代くらいのご婦人

ダックスくんを亡くしてから半年間
思い出さない日は無かったそうです

家のいたるところにダックスくんの面影を見て
生活のすべてにダックスくんを思い出していたそうです

ダックス


昨日の散歩でお会いした時
少し年を重ねているのかな?と思う
シーズーを連れていました

里親募集の推定6歳の男の子を
ご夫婦でお迎えしたそうです

穏やかで優しい子ではなく
とっても手のかかる子なんだそうです

べるちゃんともてんちゃんとも
上手にご挨拶が出来ていましたよ


シーズーくんが家にやってきてから
気がつくとダックスくんの事を
寝る時間まで思い出さない日が続いたのだとか




カアチンがお世話になっているお坊さんが
いつか言ってた言葉を思い出しました

忘れて行く事は仏様にとって良い事なんだそうです

ダックスくん
ずっと心配していただろうけど
もう安心やね

カアチンはそう思いました


めったに会わないご婦人ですけど
シーズーくんに振り回されていると話すご婦人の笑顔が
汚れて疲れているカアチンを
あたたかい気持ちにしてくれた事は言うまでもありません




IMG_9611.jpg
この子達が可愛くて可愛くて・・・・

おばちゃんになってからトリマーを目指してしまったカアチン

えらい大変な世界に首を突っ込んでしまった
と思う時があります

奥が深くて幅が広くて重たいお仕事だと思います


人は「好き」という共通があるだけで
分かち合う事が出来ますよね

そこに可愛くキレイを重ねられるトリマーは
人からもワンコからも
学び 感じ 与え 受け取る事の多き職業だと思います


カアチンは
トリマーとしてはまだ学生で
新人でもないと思いますが

子育てしか知らなかったカアチン・・

子供に育ててもらいましたが

今度は仕事で
自分が目指す職業を通して
トリマーとしてもそうだし
また人としても育って行けたら・・・いいな~~~~

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
blogmura.comにほんブログ村


















スポンサーサイト



トリマー | Comments(1) | Trackback(0)
Comment
No title
カアチンさんへ
そうだよね、今年は沢山まだ若いワンちゃんが亡くなった事を知り、
別れないといけないその悲しみを、また思い出しました。
きっと色々手が掛かってそのワンコが、心を紛らして
くれてるんですね。
本当にトリマーって大変だよね。
でも、沢山の楽しみもあるよね(*´∀`*)

管理者のみに表示