FC2ブログ
2009/08/20

犬と格闘の日々(後編)

前編、中編、後編と三度に渡り長くなってしまいましたが、
これでも思い切り頑張って短く短くしたつもりなのです(^。^;)

なあに?? な、なあに?
だからなあに? だから、なあに?

今は何処でも普通に馴染んでいるべるですが、
努力しなければ、とんでもない犬になる要素満点でした。
お散歩に行けなくなるところでしたし・・・
といってもいいところも山ほどありまして、
その中の一つに「犬が好き」という良い面があり、
私も救われることになりました。

あの時、お外が怖くて動けない歩けないべるを
誘導してくれたレックスくんには感謝の言葉もありません!!
レックスくんがいなければ今のべるはないと言っても過言ではなく・・・

あんなにお世話になったはずなのに、
今ではレックスくんにはあまり興味のないべる(/ー ̄;)
ぎょ、ぎょめんなさい(*- -)(*_ _)ペコリ

レックスくんはいつもめちゃ喜んで寄ってきてくれるのに(ノ◇≦。)

その後、犬の沢山集まる公園に行ったり、
トウチンに車でドッグラン等に連れて行ってもらったり(ありがと~~~)
べるには徐々にお外の世界を好きになってもらえました。

犬の集まっているところに行くというのは、
人間の子供の公園デビューと似ているかな、
デビューしましたわ!!

犬がいれば、2まわりどころか3まわり程年の離れた人とでも、
性別も問わず楽しくお話が出来る!
人見知りなんてしてられません。
べるはグイグイ寄りたがるんだもん!
べるがいなければ、
こういった機会も私にはなかったはず。

子育てで培った能力が光ります( ̄ー☆キラリーン
結婚前の人見知りだったカアチンは
もう何処にもいません(o^-^o)

え??人見知りが信じられないって??
いえいえ、本当に本当に本当に
カアチンはものすごい人見知りだったのです。


沢山の出会いと沢山の協力によって、
人からお菓子すらいただけなかったべるも、
今では勝手に人のかばんから盗み食いする勢いです(-。-;)

いつもビクビクオドオドしていたところも、
今では老犬のような落ち着きを放っています。
たまにべるは何歳だったっけ??と分からなくなる位。

体を触られるのが苦手だったところも信じられない・・・
今では誰にでもぬいっとやってきては、
何処でもええから触らんかい!とアピるようになりました・・・


短足、胴長、受け口、融合歯、などなど
美しいプードルとはかけ離れ、
耳病、体臭、口臭なんでももってまっせなプードルですが、
べるちゃんに出会えて、
私はもちろんですが、カアチンファミリーの毎日は
変わりました( ̄∇ ̄+)♪

でも、どうして、うちは人も犬も、
初めの子はこんなに色々あるのでしょう(>▽<;; アセアセ













スポンサーサイト



子育て、犬 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
おや!!
ん~?
もしやこれは、きっとベルちゃんを誉めてるんだよね?
私にはベルちゃんの悪口が沢山書かれてる~・゜・(>_<)・゜・なんて思っちゃったりしたわよ~(>_<")
だけどだけど、犬でありながら犬ではないベルちゃんをここまで成長してこれたのは言うまでもない、カアチンさんのKの心と努力とそして陽気なレックスくんという仲良しのお友達がいたからなのね(^^)v
羨ましいわ~(*^_^*)
そよ風さんいつもコメントありがと~~~。
愛は世界を救う!!
べるを愛せて良かった。


管理者のみに表示