--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2015/12/02

命を預かるお仕事

16歳の柴の流星くんが来てくれました

高齢以外にも病院でシャンプーをあまりしない方が良いと言われた事や
足が滑るなど体も弱ってきているとの事
心臓は悪くないのだそうです

断るにしても
自分の目で見てお話を伺ってからと思い
来てもらいました

美容作業を始める前にママさんと沢山お話をさせてもらい
そしてママさんに横にいてもらって
作業を進めて行きました

流星くんは移動動物園のわんこだったそうです

若かりし頃にとあるサロンで
「二人でしても大変だった」という理由で
お断りされたそうです

抱き上げようとすると噛む
そんな流星くんでしたが
お断りする程の勢いは・・・
今思うと高齢の為になくなってしまっていたんだな~と感じています


老犬は元気に見えてもストレスがかかると死につながると
知識的には知っていました

実際に作業をさせてもらうと
本当に本当に美容作業が嫌いな流星くんでした

といっても抵抗する力が足りなくなっている状態です

多大なストレスだったと思います

シャンプー中に
どたっと倒れてしまいました

こういった経験は初めてです

意識と呼吸の確認をして
急いでシャンプーを流しママさんに手伝ってもらって
あらゆる乾かす道具で乾かしました
roue.jpg

普段通り自分の足で歩いて帰り
帰宅後すぐにご飯をぺろっと食べ
家族も喜んでいます
ありがとうございましたと連絡が来た時は感無量なカアチンでした

夜になり
夜ご飯もぺろっと食べたましたが
震えていると連絡をいただいて

カアチン・・・・流星くんが心配でたまりません

キレイにしてあげたいというママさんの思い
カアチンもまたその思いのお手伝いが出来ればと
そして心臓は大丈夫との事で
シャンプーをしましたが
してはいけなかったのかもしれません

どうか(>_<)どうか神様



大きな怪我をさせた事のあるカアチン・・・・
カアチンの職業は家族の命を預かるお仕事
日増しにかみしめています




次のお客様はトイプードルのルフィ

IMG_4501.jpg

これくらい奥目でもせりあがってしまう・・・って
ことちゃん(ビション)と一緒


ルフィが本当にものすごく可愛いのと
ちょっと誰もしないカットなので
(おパンツカットではなく プリケツカット)
写真にしてみようとパシャリしてみました
otir.jpg

rufi2.jpg
途中だけど
めちゃめちゃかわいいプリケツカット

上から見るとこんな感じですよ
   ↓
kosikosi.jpg
かわいすぎる~~~~~!!!!
(2号の脱ぎ捨ててある内股脱ぎの靴は見ないように!)


カアチンも小さい頃からのルフィを知っているのだけども
ママもカアチンの事をその年月だけ知っているんですよね

というのも今日ママが
「カアチン上手になった~」ってね

カアチンの成長を感じてもらえた事が
嬉しくて(T。T)

自分だけが小さく感じている成長はあるのだけど
こうして誰か(御客様)に感じてもらえるなんてね
嬉しい限りです


流星くん、ルフィありがとうございます
またのご来店お待ちしております

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
blogmura.comにほんブログ村
















スポンサーサイト
トリマー | Comments(3) | Trackback(0)
Comment
No title
カアチンさんへ
家のネネ16歳を先頭に結構高齢犬が家には来ます。
ファインバブルなど、高齢犬に良いかと取り入れたり、
随分前の展示会で、洗わなくても汚れが取れると言うオゾンの
機械、洗わなくても汚れや臭いが取れるとの事。
気になりましたが、とても高くて買えません(|||´Д`)
流星くん心配でしたが、無事でよかったです。
ルフィー君、カワイイですね(☆∩艸∩)
プリケツ、たまりませんね(*´v`*)
No title
カアチン、流星くんよく頑張りましたね。
私は今後うちの子がもっと歳とってよぼよぼになったらトリミングはどうしたら良いのかかかりつけの動物病院に聞きました。プードルなのでカットしないとボサボサになっちゃうでしょ。
そしたら、横に寝かせてカットすると言っておりました。
そのかわり美容目的のカットにはなりませんが生きていくのに適した施術をしますよ、との事でした。
カアチンの今日の記事を読んでシャンプーも横にして出来るのか聞いてみます。
あと、私が今まで利用して来たトリミングサロンでは必ず、何かあったらサロンの近くの動物病院に連れて行きます、と言う同意書にサインしてました。
カアチンも近隣の動物病院さんとお話を通しておくのも良いかもしれませんね。
老犬の流星くんはお家でご飯を食べられたのなら大丈夫だと思います。うちの子も病院に行った日は、
夜になって震えたりします。
思い出しちゃうんでしょうね。
老犬になったらドライシャンプーで丁寧に拭いてあげるだけでも良いのかも知れませんね。
それをプロのトリマーさんがやってくれると思うだけで飼い主は安心だと思います。
流星くんの事でカアチンが老犬のお世話を怖く思うようにならないで欲しいです。
逆にもっと老犬なら任せてってなって欲しいです。
だってみんないずれは必ず歳とってしまうんですもの。
でも明らかに重症の病状の子は断っても良いのかな、という考えもあります。
色々なお客さんがいるとおもいますがカアチンが施術前に時間をかけ丁寧にお話しする事はとても良い事だと思います。

カアチンのお仕事の仕方を応援しています。
*** コメントありがとうございます ***
  「キャロルさん」

キャロルさん応援にそして色々とありがとうございます

動物病院にはお願い済みです

老犬は寝かたり
地面でトリマーが抱きかかえながらしたり
以前の老犬は地面でママさんに抱っこしてもらってさせてもらったりでしたが
流星くんはそういった事が出来ない(ノーリラックス)だったんですね~

画像の流星くんはリラックスではなく
ぐったりグロッキーになっている状態です

意識がしっかりしていれば決して横になったりしない感じでした

なのでカアチン目には元気に見えましたが
いつ何時、何が起こるか分からない(>_<)
次からはさせてもらうとするなら・・・

小学生のお姉ちゃんが一緒にさせて欲しいとの希望なので
ママさんとカアチンと一緒に
ドライシャンプーかもしくはそうですね体をふいてあげるだけに
なるかもしれません

もしくは何もしない・・・という選択も大切な場合もあるな~と

あと考えられる事は
常連さんのみ
お家に伺って体をふくなども考えています

みんな年を重ねていきますものね
その子達の最期の時まで責任と愛情と情熱を大切に
出来る限りさせてもらいたいです

そしてその時までカアチン・・・・頑張らないとです

~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~

  「ミルパパママさん」

わあ!そんな素晴らしいオゾンが出ているんですね

ドライシャンプー・・・無かったのですが注文しました

どれくらい汚れやにおいが取れるのか?
時間がどれくらい必要なのか?
うちの犬達でやってみます(>_<)

その後連絡を朝晩頂いて
今日は通常の流星くんだったそうです

もうあんな負担はかけたくありません(TOT)









管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。