FC2ブログ
2009/08/12

万年補欠の一号(後編)

一号ディフェンス
一号は小学5年の夏に、とあるサッカーチームに入った。
当時は一号の心臓痛?にも冷や冷やさせられたり、
入団が遅かった事でチームになじめるのか?
馬鹿にされはしないか?ついてゆけるのか?
それはそれは心配が尽きなかった。

色々なことがあった・・・・
本当によく頑張ったと思う。

心臓痛の一件以来、
肉体的にも精神的にもサッカー面でも、
一号が激変してゆくのを感じるようになった。

それまでは叱られて泣く以外の涙は見られなかった一号が、
試合に出れない時やチームが敗退してしまった時に、
家の玄関に入るなり嗚咽するようになった。

悔し涙を流せる一号が
カアチンは本当に誇らしかったんやで。

一号のお母さんで良かったって何度思ったことか。
カアチントウチンにかけがえのない毎日と生きる力を
どれだけ与えてくれたことか。

そのまんまでいい。
そのまんま大きくなれ。

そして一号よ!!
将来バルサに入ったら
やっぱり大きなおうち買ってね!
それとそれとそれとね、
スタンダードプードルもプレゼントしてほしいし、
体にあう美しい下着も買ってね(*≧m≦*)

今のうちサイン頼んどく?





スポンサーサイト



子育て、犬 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示